札幌の成年後見制度、介護保険、福祉制度などのご相談はさっぽろ社会福祉士事務所

さっぽろ社会福祉士事務所


介護保険

生活課題に対応したサービスを提案し、お客様と一緒に計画(ケアプラン)を作成します。一番重視していることは、お客様の想いを受容することです。

高齢社会を迎えた私たちのまわりでは、介護を必要とする方々が増えています。
介護が必要になっても、残された能力を活かして、できる限り自立し、尊厳をもって暮らす為に、『介護保険制度』があります。

札幌市が運営する介護保険制度

40歳以上の方が被保険者(加入者)となって保険料を負担し、介護や支援が必要と認定されたときに、費用の1割を支払って介護サービスを利用する仕組みとなっております。
年齢によって、加入の方法は2種類に分かれ、介護サービスを利用できる条件も異なります。

介護保険

ケアマネージャーがお手伝い致します。

札幌の介護・福祉ケアマネージャー(介護支援専門員)とは、2000年4月から始まった「介護保険制度」 において、要支援または要介護と認定された方々が、適切な介護サービスを受けられるようにする為に、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職のことです。

介護保険制度の仕組みは複雑な為、介護が必要になったら介護施設へ行くとすぐにサービスを受けられるわけではありません。
介護施設で、介護を受ける為には、ケアマネージャーが、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する必要があります。

介護を要する方の状況や、家族がどんなことに困っているのかを理解し、計画を立て、必要なサービスを受けられるように、サービス事業者へ手配するのが、ケアマネージャーの仕事です。

さっぽろ社会福祉士事務所では、経験豊富なケアマネージャースタッフがおりますので、お気軽にご相談下さい。

介護保険

利用できる介護サービス

介護保険が適用されて受けられる介護サービスの概要をご紹介致します。
介護サービスを受けられる方の状態により、サービスは異なります。
ケアマネージャーが相談者の方々のご希望に沿う、サービスをご提案致します。

訪問によるサービス
訪問介護(ホームヘルプサービス)
ホームヘルパーが居宅に訪問し、調理や掃除、利用者の身体に直接接触して行う介助などを行います。
訪問入浴介護
入浴設備や簡易浴槽を積んだ移動入浴車などで訪問し、入浴の介助を行います。
訪問看護
訪問介護ステーションや医療機関の看護師などが居宅を訪問して、主治医と連絡をとりながら、病状を観察したり床ずれの手当てなどを行います。
居宅療養管理指導
医師、歯科医師、薬剤師などが居宅を訪問して、医学的な管理や指導を行います。
訪問リハビリテーション
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が居宅を訪問して、日常生活の自立を助ける為のリハビリテーションを行います。
通所や短期入所して受けるサービス
通所介護(デイサービス)
生活行為向上の為の支援などのほか、その人の目標に合わせた選択的なサービス(運動器の機能向上、栄養改善、口腔機能の向上、アクティビティなど)が受けられます。
通所リハビリテーション(デイケア)
介護老人保険施設や医療機関などで日常生活の支援や、リハビリテーションのほか、その人の目標に合わせた選択的なサービス(運動器の機能向上、栄養改善、口腔機能の向上)が受けられます。
短期入所生活介護(ショートステイ)
短期間、特別養護老人ホームなどに入所しながら、介護や機能訓練が受けられます。
別に食費・滞在費を負担する必要があります。
短期入所療養介護(ショートステイ)
短期間、介護老人保健施設や介護療養型医療施設などに入所しながら、医学的な管理のもとで、介護や機能訓練などが受けられます。
別に食費・滞在費を負担する必要があります。
施設サービス
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
日常生活に常時介護が必要で自宅では介護が困難な高齢者などが入所します。
食事、入浴、排泄など、日常生活の介護や健康管理が受けられます。
介護老人保健施設
病状が安定し、リハビリテーションに重点を置いたケアが必要な高齢者などが入所します。
医学的な管理のもとで、日常生活の介護や機能訓練が受けられます。
介護療養型医療施設(病院・診療所)
急性期の治療が終わり、長期の療養を必要とする高齢者などの為の医療機関の病床です。
医療、看護、介護などが受けられます、